Edit Author Slugのインストールから設定ガイド|ブログの乗っ取りを防ごう

Edit Author Slugのインストールから設定

WordPressをインストールしたら「Edit Author Slug」をすぐに設定しておきましょう。

というのも、Wordpressをインストールした当時のまま使っているとあなたのWordpressログインユーザー名が他人に筒抜けだからです。

 

試しに、あなたのブログURLの一番後ろに 「/?author=1」を入力してみて下さい。

このブログなら「 https://fulinkle.com/?author=1」という形ですね。

fulinkle.com

すると、URLの後ろに、あなたのWordpressログインユーザー名が表示されたのではないでしょうか。

怖いですよね。

 

「Edit Author Slug」をインストールして設定するだけで、大事なWordpressのユーザー情報を隠すことができます。

設定自体はとても簡単なので、この記事を見ながら今すぐ設定して、他人から集客ブログを守りましょう。

 

Edit Author Slugをインストールする

まずWordpressの管理画面から【プラグイン】【新規追加】の順番でクリックします。

Edit Author Slugをインストール

 

画面が変わったら、右側の検索まどに「Edit Author Slug」をコピペして、Edit Author Slugが表示されたら【今すぐインストール】をクリックします。

Edit Author Slugをインストール

 

インストールが完了したら【有効化】をクリックしましょう。

Edit Author Slugをインストール

以上で、Edit Author Slugのインストールが完了です。

 

次は、Wordpressのログインユーザー名を隠すための設定をします。

 

Edit Author Slugでユーザー名を隠す

Edit Author Slugのインストールが完了したら、Wordpressの管理画面から【ユーザー】【あなたのプロフィール】の順番でクリックします。

Edit Author Slugをインストール

 

画面が変わったら下の方にスクロールしていき、【カスタム選択】を選んで、右側の空欄に好きな文字を入力しましょう。

Edit Author Slugをインストール

 

入力したら【プロフィールを更新】をクリックします。

設定を変更したら、冒頭の手順と同じように、あなたのブログURLの一番後ろに 「/?author=1」を入力してみて下さい。

すると、先ほど設定した Author Slugが表示されているはずです。

これで、他人にログインユーザー名がバレるのを防げます。

 

ついでに「Author URL」も変更しておきましょう

ログインユーザー名バレを防いだら、ついでに投稿者のAuthor URLも変更しておきましょう。

設定を変えると上記部分を変更できます。

 

WordPressの管理画面で【設定】【Edit Author Slug】の順番にクリックします。

 

すると、投稿者ベースが表示されるので、右革の空欄に好きな値を入力して【変更を保存】をクリックします。

以上が、Edit Author Slugを使ったユーザー名情報の身バレを防ぐ方法でした。

 

WordPressは自分で守る

WordPressは誰でも使えるツールなので、利用者が多い分、ハッキングや乗っ取りを狙ってる人も多いんですよね。

大事な集客ブログは、自分で守るしかありません。必要なセキュリティ対策をして、他人からWordpressを守りましょう。

 

WordPressの初期設定が終わってない方は、↓こちらの記事をご覧になってみて下さい。

WordPressブログの初期設定ガイド

【2020年版】WordPressブログの初期設定ガイド|初心者は丸パクリでOK

10/05/2019

というわけで今回は以上になります。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA