Googleアナリティクスを使ったリライト記事の選び方とリライト方法

Googleアナリティクスを使ったリライト方法

Googleアナリティクスは無料で使えるツールですが、見る場所が多いし、使い方も複雑でわかりにくいんですよね。

もしかしたら、あなたも「上手く使いこなせてないなぁ」と感じているのではないでしょうか。

 

でもそれは、とても勿体ないんですね。アナリティクスを使うと、より早く成果を出すために、どの記事を、どうリライトすれば良いか具体的に分かるようになるからです。

同じ作業時間で、同じ労力をかけるなら、早く成果を出せる方がいいと思いませんか?

 

この記事では、Googleアナリティクスを使ったブログ記事のリライト方法を解説します。

記事を読みながら一緒に進めていくことで、リライトするべき記事と、どこを修正すればいいか分かるようになります。

リライト記事の優先順位と修正箇所が分かれば、あとは手を動かすだけで成果にドンドン近付いていきますからね。

ブログで成果を上げたい方は、このまま続きをご覧になってみて下さい。

 

アナリティクスを使ったリライトは成果が近いものから

アナリティクスを使ったリライトは成果が近いものから

Googleアナリティクスを使った記事のリライトは、必ず成果に近い記事から修正していきましょう。

成果に近い記事からリライトすることで、早く結果を出せるようになります。時間ばかりかかって、心とやる気をすり減らさずにも済みますからね。

リライトは必ず、あなたが望む成果に近い記事から修正していきましょう。

 

※そもそも検索順位が低くてアクセスが少ない記事は、サーチコンソールを使ったリライトから手をつけたほうがいいです。

Googleアナリティクスはブログの中の修正。サーチコンソールは、ブログの外を修正するためのツールなので。

サーチコンソールを使った検索順位を上げるリライト方法は、以下の記事で解説しているのでご覧になってみてください。

サーチコンソールを使ったリライト記事の選び方とリライト方法

【初心者向け】サーチコンソールを使ったリライト記事の選び方とリライト方法

14/07/2019

 

※成果とは、アフィリエイトなら商品を注文・買ってもらうことが成果です。

なので、リライトする記事の優先順位は、以下のような記事になります。

  • 商品レビュー
  • ランキング記事
  • アフィリリンクを設置してる記事
  • レビュー記事に繋げるページ
  • ブログの入り口になるページ

 

リスト取りが目的なら、LP、LPに繋げる記事、ブログの入り口になる記事などが成果に近い記事です。

あなたが望む成果はなにか?その成果に近い記事はどれか?考えながら読み進めてみて下さい。

 

アナリティクスを使ったリライト記事の選び方

リライト記事の選び方

Googleアナリティクスでリライト記事を見つける方法は、以下の2つです。

  • アナリティクスのランディングページ
  • アナリティクスのすべてのページ

 

ランディングページを見てリライト記事を選ぶ方法は、行動のランディングページで【リライト記事の選別】こちらの記事で、画像を使いながら具体的に解説しているの読んで来てください。

 

すべてのページを見てリライト記事を選ぶ方法は、行動の全てのページで【リライト記事の選別】こちらの記事で、画像を使いながら具体的に解説しています。

 

リンク先の記事を読んで、リライト記事をピックアップしてきてくださいね。

手を動かしながら一緒に進めると、理解も深まりますし、効率的にリライト記事を見つけられるようになります。

 

それでは、ピックアップした記事をリライトしていきましょう。

 

アナリティクスを使ったブログ記事のリライト方法

アナリティクスを使ったブログ記事のリライト方法

リライトする記事を選んで来たら、以下のポイントを見てリライトしていきます。

  • 直帰率が90%前後のページ
  • ページ/セッションが1.0に近いもの
  • 平均セッション時間が短い場合

1つずつ説明しますね。

 

直帰率が90%前後のページ

直帰率が90%を超える記事は、その記事しか読まれていません。1つの記事しか読まれないと、直帰率が高くなる仕組みです。

この場合は、記事の内容を充実させたり、他記事への内部リンクを貼って直帰率を下げていきます。

ただ、記事によって「集客・拡散・成約」など役割があるので、直帰率が高い=ダメというわけではありません。

 

成約記事・成果を上げる記事の場合

このタイプの記事は、直帰率が高くても気にしなくてOKです。

アフィリエイトなら、商品レビュー記事、ランキング、アフィリエイトリンクを張っている記事など。

個人事業や法人企業の場合は、お問い合わせページや商品購入ページ、メルマガ登録ページなどですね。

成約記事を読んで行動してもらうのがゴールなので、直帰率は高くなります。

 

集客や誘導が目的のページ

このタイプの記事で直帰率が高いページは、目的を果たせていないので修正が必要です。

特にブログの入り口になっている記事(ランディんぺーじ)は、早急に改善した方が良いです。

ブログの入り口なのに、他に記事に誘導できていません。

 

直帰率を下げる具体的な方法は、以下の5つです。

  • リード文の修正
  • 記事全体を読みやすくする
  • 記事全体を分かりやすくする
  • 他記事への内部リンク設置
  • 内部リンクの誘導文・方法の修正
    (テキストリンク・リンクカード・バナー)

 

特にリード文は重要ですね。

僕の実験では、リード文で読者の気持ちに共感するほど、直帰率は下がる結果になっています(記事のジャンルとキーワードにもよりますが)

リード文を読んで「この人は私のことを分かってくれてる」とか「似たような経験をしてる人なんだ」と読者に伝わると、信頼してもらいやすくなるんですよね。

信頼されると、記事の続きを読んでもらえて、他の記事にも興味を持ってもらいやすくなる。

だから直帰率も下がるのだと思います。

直帰率が高い記事は、上記の順番で修正してみてください。

※リード文の書き方コンテンツ準備中

 

ページ/セッションが1.0に近いもの

ページ/セッションが低い記事は、他の記事が読まれていないということです。

この数値が低いほど、他の記事や次の記事へ内部リンクを増やして、読者に次の行動を用意してあげる必要があります。

読者はまず、自分から他の記事を探して読もうとはしないので。

 

成約記事・成果を上げる記事の場合

成約記事や成果を上げる記事は、ページ/セッションが低くても問題ありません。

商品の購入・注文・お問い合わせ・登録が記事のゴールになるはずなので、セッション数も低くなります。

問題なのは次のタイプの記事ですね。

 

集客や誘導が目的のページ

このタイプの記事でページ/セッションが低いページは、目的を果たせていないので修正が必要です。

ランディングページとすべてのページの順にチェックして、目的を果たせてない記事はリライトしていきましょう。

 

具体的な方法は、以下の5つです。

  • リード文の修正
  • 記事全体を読みやすくする
  • 記事全体を分かりやすくする
  • 他記事への内部リンク設置
  • 内部リンクの誘導文・方法の修正
    (テキストリンク・リンクカード・バナー)

上記の順番でリライトすると、成果に向かって突き進んでいけます。

 

記事が読まれないことには内部リンクもクリックしてもらえません。

まずはリード文から修正して、読者の心をつかんで、記事を読みやすく・分かりやすくしつつ内部リンクへ誘導しましょう。

※コンテンツ準備中

 

平均セッション時間が短い場合

平均セッション時間が短いのは、あなたの記事が「分かりにくい」と思われて読まれなかった証拠です。

ページを見ていた時間=セッション時間なので、短い=すぐページを閉じたということです。

この場合は、記事全体を読みやすく・分かりやすく修正する必要があります。

 

セッション時間が短い場合は、成約記事も集客ページも対策方法は同じです。

具体的には、以下の順にリライトしていきましょう。

  • リード文の修正
  • 記事全体を読みやすくする
  • 記事全体を分かりやすくする

 

特に、リード文は本当に大事です(何度も出てきますが)

リード文は初対面の読者が初めに読むパートなので、ここで読者と気持ちをすり合わせて、信頼してもらい、心の距離を縮める必要があります。

 

初対面の相手も同じですよね。初めて喋った時の印象が良かったら、相手の話を聞いたり、仲良くなっても良いかなと感じると思います。

ただ、初対面で「自分の話しかしない」「自慢話をする」「関係ない話をする」ような印象の悪い人なら、話も聞きたくないし、その場から早く離れたいと感じるはずです。

リード文は初対面の読者と心をすり合わせるパートなので、特に力を入れて修正ていきましょう。

 

読みやすい・分かりやすい文章の書き方は、↓こちらで解説していますのでご覧になってみて下さい。

分かりやすい文章の書き方10のポイント

分かりやすい文章を書く10のポイント|文章が苦手でも劇的に変わります

19/07/2019
劇的に変わる読みやすい文章の書き方

ブログの文章を劇的に読みやすくする9つのコツ|文字装飾やデザインより大事なこと

19/07/2019

 

アナリティクスを使ってライバルを追い抜こう

アナリティクスを見て修正箇所と修正する優先順位が分かると、今までと同じ労力でも、一気に成果を上げられるようになります。

とあるブログ記事をリライトしたところ、滞在時間とセッションがおよそ2倍になったこともあります。PVも成約数も増えましたこともあります。

 

アナリティクスを効果的に使って、ブログでドンドン成果を出していってください。

この記事が、そのお役に立てれば幸いです。

 

今回は以上になります。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA