【最新版】Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールへ登録する方法

Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールへ登録する方法

WordPressをインストールしたら、サイトマップを作成しましょう。

サイトマップを作ることで、検索クローラー(Google)に、ブログ記事の更新情報や変更履歴を、素早く伝えられるようになります。

 

簡単にいうと、追加した記事が早く、検索結果に乗りやすくなるということですね。

設定自体はとても簡単です。

記事を見ながら進めるだけで、サイトマップが作れるようにお伝えするので、このまま続きをご覧になってみて下さい。

 

Google XML Sitemapsをインストールしよう

まず初めに、Wordpressのダッシュボードから【プラグイン】【新規追加】の順番でクリックします。

Google XML Sitemapsの設定

 

画面が変わったら、プラグインの検索に「Google XML Sitemaps」をコピペして、Google XML Sitemapsが表示されたら【今すぐインストール】をクリックします。

Google XML Sitemaps

 

次に【有効化】をクリックします。

Google XML Sitemapsの設定

以上で、Google XML Sitemapsのインストールが完了です。

 

次は、サイトマップを作成していきましょう。

Google XML Sitemapsの設定方法

 

WordPressの管理画面で【設定】【XML Sitemap】の順番にクリックします。

Google XML Sitemapsの設定

 

検索エンジンはまだ通知されていません

このパートは、これから変更していくので初期設定のままでOKです。

Google XML Sitemaps 設定

 

基本的な設定

この部分も、初期設定のままでOKです。

念のため、赤枠で囲んだ箇所にチェックが入っている確認してください。

Google XML Sitemapsの設定

以下は、知らなくても問題ないので、続きを勧めたい方はAdditional Pagesこちらに進んで下さい。

1つ目のチェック「Notify Google about updates of your site」は、ブログを更新したらGoogleにお知らせしますよーというもの。

2つ目のチェック「Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site」は、ブログを更新したらBingにお知らせしますよーというもの。

3つ目のチェック「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」は、クローラーにサイトマップの場所を正確に伝えるものです。

4つ目のチェック「Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.」は、サイトマップの表示を早くするための設定です。

5つ目のチェック「デフォルト設定を使用」は、サイトマップ情報を人が読みやすいものに変換するもの。

最後は、サイトマップが見やすくなる設定にするものです。

 

Additional Pages

このパートも、初期設定のままでOKです。

Google XML Sitemapsの設定

サイトマップを手動で追加できる設定のようですが、変更する理由がないので僕は使っていません

※150サイト以上Wordpressブログを作ってきましたが、一度も触ったことがないです。

 

投稿の優先順位

このパートでは一番上の【優先順位を自動的に計算しない】にチェックを入れておきます。

Google XML Sitemapsの設定

この後、優先順位の設定を行っていきます。

 

Sitemap コンテンツ

このパートでは、サイトマップに載せるコンテンツを指定します。

以下の通りにチェックを入れて、設定してみて下さい。

Google XML Sitemapsの設定
  • ホームページ
  • 投稿 (個別記事) を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。

この設定にチェックを入れることで、力を入れて作成したコンテンツだけをクローラーに伝えることができます。

内容の薄いページ(SEO目的で作ってないページ)は除外しておくということですね。

 

Excluded Items

このパートでは、サイトマップに載せたくないカテゴリーがある場合にチェックを入れていきます。

Google XML Sitemapsの設定

サイトマップに含まないカテゴリーの判断は、

  • お知らせやニュースだけを伝える薄い情報が多いカテゴリー
  • 日記やポエムのような情報が多いカテゴリー

上記を参考にしてみて下さい。

 

検索エンジン(Google)は、ユーザーに役立つ情報を載せるサイトを優遇するようになっています。

なので、日記のようなページが多いサイトは、ユーザーの役に立たないサイトと判断されて、検索順位を落とされやすくなるんですよね。

中身が薄いページが多いカテゴリーは、チェックを入れて除外しておきましょう。

 

投稿記事(個別記事)を含めない

個別記事を載せたくない場合は、投稿記事のIDを入力します。

記事IDの調べ方は、投稿一覧に表示された記事タイトルにカーソルを合わせると、画面左下の方に 「〜?post= [記事ID] &action〜」が表示されます。

Google XML Sitemapsの設定

post=の後に表示される数字が記事IDです(この場合は「221」が記事IDです。)

記事を複数追加する場合は「,」で区切りましょう。

 

Change Frequenciesの設定

このパートは、以下と同じように設定しましょう。

Google XML Sitemapsの設定

この時、タグページを必ず設定してください。

タグページを設定しないと、なぜかカテゴリー別の優先度が反映されないからです(僕は気づくまで時間がかかってしまい損しました。汗)

ですので、上記の通りに設定してみて下さいね。

 

優先順位の設定 (priority)

このパートでは、以下の通りに設定してみて下さい。

Google XML Sitemapsの設定

ここでも必ず、タグページを設定して「1.0」に変更してください。

数値を変更して実験してみましたが、タグページの設定が「0.3」など低い数値だと、カテゴリー別の優先度が反映されませんでした。

設定を変更したら【設定を更新】をクリックします。

 

以上で、Google XML Sitemapsの設定が完了です。

 

サーチコンソールにサイトマップを登録しよう

Google XML Sitemapsの設定が完了したら、最後に、Googleのサーチコンソールにサイトマップを登録します。

というのも、今のままではGoogleのクローラーがサイトマップの場所を知らないからです。

 

サーチコンソールは、Googleのアカウントがあれば無料で使えます(Googleのアカウントを作成してない方は、ついでに登録しておきましょう。)

サーチコンソールの登録方法

【2020年版】サーチコンソールの登録方法|初心者向け

27/06/2019

 

まず、サーチコンソールにログインします。

>>Googleサーチコンソールはこちら

 

サイトマップの送信

【サイトマップ】をクリックします。

サーチコンソールの設定

 

すると画面が変わるので、空欄に「sitemap.xml」を入力して【送信】をクリックします。

サーチコンソールの設定

以上で、サーチコンソールにサイトマップを送信できました。

Google XML Sitemapsをインストールして、サーチコンソールへの登録は以上になります。

お疲れさまでした!

 

コンテンツも初期設定も重要

ここまでお伝えした設定は、慣れない作業の連続で大変だったかもしれません。

だからこそ、お伝えした設定は、今後ブログを書いていく上でとても重要なものです。ブログ全体の検索結果に、影響を与える可能性がありますからね。

あとは、読者に役立つ情報をどんどん追加して、集客に強いブログに育てていきましょう。

 

WordPressの初期設定が済んでいない場合は、↓こちらを参考にして下さい。

Googleサーチコンソールの使い方

【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版

14/07/2019

これまで150サイト以上のWordpressブログを作ってきて、特に重要な初期設定をお伝えしています。

というわけで今回は以上になります。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA