【初心者向け】エックスサーバーにWordPressをインストールするまで優しくガイド

エックスサーバーにWordpressをインストールするまで優しくガイド

この記事では、エックスサーバーの契約からWordpressをインストールまで画像を使って分かりやすく解説します。

慣れないことや、慣れない言葉が多くて「大変そう」「難しそう」と感じるかもしれませんが、大丈夫です^^

 

ネットやPCが苦手な方でも出来るように、1つずつ丁寧に分かりやすい言葉でお伝えします。

それに、画像の通りクリックして入力していくだけで、想像よりも簡単にWordpressが始められるはずです。

それではさっそく、記事を見ながらエックスサーバーにWordpressをインストールしていきましょう!

 

※より簡単で、より分かりやすくエックスサーバーの契約からWordpressブログを始めるまでの手順を解説した記事を用意しました。

↓こちらの記事をクリックして続きをご覧になってみてください。

Wordpressブログの始め方講座

WordPressブログの始め方講座|初心者・PCが苦手な方向けに分かりやすく解説

21/06/2019

 

1:エックスサーバーに申し込む

まずは以下のリンクからエックスサーバー公式サイトへアクセスします。

 

エックスサーバー公式サイトへ移動したら、【お申込み】にカーソルを合わせた状態で【お申込みフォーム】をクリックします。

エックスサーバー公式サイト

 

クリックすると画面が変わるので、【新規お申込み10日間無料お試し】をクリックします。

エックスサーバー公式サイト

 

クリックすると画面が変わるので、「契約内容」や「会員情報」など必要事項を入力していきます。

エックスサーバー公式サイト

多く感じるかもしれませんが、実際に進めると3分ほどで完了します。このまま進めていきましょう。

 

まずは契約内容から。

サーバーID(初期ドメイン)は、サーバーへのログイン情報として使います。

エックスサーバー公式サイト

初期ドメインと書かれていますが、基本的には他のドメイン会社で取得したドメインを使うので、気にしなくて構いません。後で変更はできないので、覚えやすい名前に設定しておきましょう。

 

プランは「X10」「X20」「X30」とありますが、初めてサーバー契約する場合は「X10」がおすすめです。

一度に大量のアクセスが来てもサーバーダウンしにくいと言われているからです。

エックスサーバーのプランはいつでも変更できるので、初めは料金が一番安いX10にしておきましょう。

 

サーバーIDとプランを選択したら、次は「会員情報」を入力していきます。

xserver-official-site

メールアドレスは、普段使うものにしておきましょう。

エックスサーバーの更新期限のお知らせやメンテナンスなど、重要な情報が送られてくるからです。

 

会員情報を入力したら「利用規約」「個人情報の取扱いについて」を読んで、【お申込み内容の確認】をクリックします。

xserver-official-site

 

クリックすると入力した内容の確認画面が表示されるので、内容を確認して問題なければ【お申し込みをする】をクリックします。

xserver-official-site

 

クリックするとお申し込み完了画面が表示されます。以下の画面が表示されたら、エックスサーバーへの申し込みが完了です。

xserver-official-site

 

登録したメールアドレス宛に、申し込み内容情報が送られます。

この時点では、エックスサーバーの料金は発生しません。10日間のお試し期間が与えられています。

 

登録したメールアドレスに届いた以下のメールを確認してみましょう。

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

 

メールを開くと、エックスサーバーのアカウント情報や会員情報など、重要情報が記載されています。

▼サーバーアカウント情報

サーバーID     :
サーバーパスワード :
プラン       :
サーバー番号    :
初期ドメイン    :

※1 試用期間中は、下記機能が制限されます。

メールを間違って消さないように大切に保管しておきましょう。

心配な場合は、別のメールアドレスに転送して2.3カ所に保管しておくと安心です。

 

メールを一通り確認したら、エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスします。

 

上記のリンクをクリックすると、サーバーパネル画面が表示されます。

先ほどのメールアドレスに記載された「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力して【ログイン】をクリックします。

xserver-official-site-login

 

クリックすると画面が変わって、エックスサーバーのサーバーパネルが表示されます(以下の画面です)

xserver-official-site-panel

 

このページが表示されたら、ドメインの設定とWordpressをインストールして、オリジナルブログ(サイト)を始める準備を進めていきます。

10日間のお試し期間中ですが、ドメインの設定もWordpressもインストールできるので、このまま進めていきましょう。

 

2:ブログ(サイト)用のドメインを取得しよう

WordPressを運用するために、エックスサーバーにドメインを設定していきます。

他社で独自ドメインを取得している場合は、ドメインを取得している方へジャンプして手続きを進めて下さい。

まだドメインを取得してない方は、このまま読み進めて下さい。

 

ドメインを取得してない方

ドメインを取得してない場合は、契約したサーバープランによって手続き方法が変わります。

X10プランを契約した方

このプランを選択した方は、他社で独自ドメインの購入をおすすめします。

エックスサーバーでもドメインは購入できますが、他社でドメインを購入した方が安く買えるからです。

どこでドメインを購入してもサイトの運営に影響はないので、どうせなら安い所でドメインを購入しましょう。

ドメインを取得したら「ドメインを取得している方」へ移動して、手続きを進めていきましょう。

 

X20・X30プラン選んだ方

このプランを契約すると、エックスサーバーからドメインが1つプレゼントされます。

  • X20プラン:.jp / .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click
  • X30プラン:.jp / .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .co.jp※ / .or.jp※ / .ne.jp※ / .gr.jp

プレゼントドメインの取得方法は、以下を参考にしてください。

プレゼントドメインを取得できるのは、サーバー料金を支払ったあとになります。

ドメインを取得する場合は、さきにエックスサーバーの料金を支払ってしまいましょう。

 

ドメインを取得してる方

独自ドメインを取得したら、ネームサーバーというものを設定する必要があります。

サーバーとドメインを紐づけるために必要な設定です。難しい名前に感じますが、コピーして貼り付けるだけなのでとても簡単です。

 

ドメインを取得した業者の管理画面で、以下のネームサーバー1~5までを、指定された箇所にコピーして貼り付けるだけです。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

ムームードメインで取得した方は、↓こちらの記事で分かりやすくお伝えしているのでご覧になってみて下さい。

>>ムームードメインでネームサーバーを変える方法

ドメインを取得した業者が上記以外の場合は、ネットで「〇〇(ドメイン業者名) ネームサーバー」と検索すると、それぞれの設定方法が出てくるはずです。

ネームサーバーを変更したら、もう一度この記事に戻ってきてくださいね。

 

ネームサーバーを変更すると、設定が反映されるまで数時間から48時間かかると言われています。ただ、実際48時間もかかったことはなくて、僕の場合は長くても2時間程度でした。

 

ネームサーバーの設定が完了したら、エックスサーバーにドメインを設定していきます。

 

3:エックスサーバーにドメインを設定しよう

それでは、エックスサーバーにドメインを設定してきましょう。

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、【ドメイン設定】をクリックします。

xserver-official-site-domain-setting

 

クリックすると画面が変わるので、【ドメイン設定追加】をクリックします。

xserver-official-site-domain-setting

 

すると画面が変わるので、「ドメイン名」の右側の空欄に、あなたが取得した独自ドメインを入力していきます。

xserver-official-site-domain-setting

ドメインを入力したら、「無料独自SSLを利用する(推奨)」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」にチェックが入っているか確認して【確認画面へ進む】をクリックします。

 

チェックポイント

「独自SSL」とは「Secure Sockets Layer」の略で、シンプルに言うと「サイトの安全性を高める技術」です。データを暗号化して第三者への情報漏れを防ぐ機能のことです。

後述しますが、「https://~」で始まるURLでWordpressを運営することになります。

Googleもサイト(ブログ)は「https://~」で運営することを推奨していますので設定しておきましょう。

 

以下の画面が表示されたら、内容を確認して【追加する】をクリックします。

xserver-official-site-domain-setting

クリックして問題がなければ、エックスサーバーにドメインを設定することができました。

 

ドメインを設定したら、サーバーに反映されるまで数十分~24時間かかる場合があります。この時間もその時々によってマチマチです。

エックスサーバーから設定反映の連絡はこないので、1時間ほど休憩したら次の「Wordpressをインストールする」へ進みましょう。

 

稀に「無料独自SSLの設定に失敗しました」という表示が出ることがあります。

これは、ドメインのネームサーバーが未設定か、設定の反映待ちの場合に表示されることがあります。

ネームサーバーが設定済みなら問題ありません。このまま次の章に進んで、エックスサーバーにWordpressをインストールしていきましょう。

 

4:エックスサーバーにWordpressをインストールする

ドメインの設定が完了したので、いよいよエックスサーバーにWordpressをインストールしていきます。

画面通りに進めていくだけで、Wordpressのインストールが完了するので、このまま読み進めて下さい^^

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルの下の方にある【Wordpress簡単インストール】をクリックします。

wordpress-Install

 

すると画面が変わるので、【Wordpressインストール】をクリックします。

wordpress-Install

 

「Wordpress簡単インストール」という以下の画面を記入していきます。

wordpress-Install

難しそうに感じるかもしれませんが、とても簡単です。

1つずつ詳しく解説していくので、画面を参考にしながら進めていきましょう。

 

まず、「インストールURL」が選択したURLになっているか確認しましょう。問題なければ、右側の枠は空欄のままでOKです。

wordpress-Install-url

ここに英数字を入力してしまうと、URLにアクセスした時に「https://ドメイン名/abcd」と表示されてしまいます。

右側の枠は空欄のままでOKです。

 

次は、ブログ名を入力します。

blog-title

ブログ名は後からでも変更できるので、仮のブログタイトルでも問題ありません。

 

次は、ユーザー名を入力していきます。

username

ユーザー名はWordpressのログイン用IDとして使います。後でも変更できますが、データベースにアクセスしないと変更できないので、とても手間です(設定が複雑になります)

変なユーザー名は避けつつ、分かりやすい名前はさけましょう。不正なアクセスを防ぐためです。

 

次は、パスワードを入力していきいます。

password

パスワードは他人に推測されないように、複雑なものを設定しましょう。

浮かばない場合は、パスワード生成ツールを使うと便利です。

 

メールアドレスは、普段使うものを設定しましょう。コメントが付いた時やWordpressのアップデートの通知が届きます。

wordpress-Install-mail-address

※メールアドレスも後で変更できます。

 

データベース 「キャッシュ自動削除」が選択されていることを確認しましょう。

面倒なデータベースの設定を自動で行ってくれるので手間がかかりません。特に初めてWordpressをインストールする時は、エラーやミスを防ぐためにも自動インストールがお勧めです。

 

最後に、データベース 「自動でデータベースを生成する」が選択されていることを確認しましょう。

wordpress-Install-Database

全て確認したら【確認画面へ進む】をクリックします。

 

 

「自動でデータベースを生成する」を選択しておくと、面倒なデータベースの設定を自動で行ってくれるので手間がかかりません。

特に、初めてWordpressをインストールする時は、エラーやミスを防ぐためにも自動インストールがお勧めです。

 

 

以下の画面が表示されたら、記載情報を確認して問題なければ【インストールする】をクリックします。

wordpress-Install
「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と記載されますが、Wordpressを正しく表示させるために必要な処理なので、この表示が出ても安心してください。

 

すると、以下の画面が表示されます。

wordpress-Install-Done

この画面が表示されたら、Wordpressのインストールが完了です。

画面に表示されている情報は、Wordpressにログインする際に必要な情報になるので、必ずメモをして保存しておきましょう。

PCとスマホの両方に保存しておくと安心です。

お疲れさまでした!

 

5:Wordpressにログインしてみよう

WordPressのインストールが完了したら、さっそくWordpressにログインしてみましょう!

 

先ほどの画面に表示されている【https://ドメイン名/wp-admin/】をクリックします。

 

クリックすると、Wordpressのログイン画面が表示されるので、「ユーザー名またはメールアドレス」「パスワード」を入力したら【ログイン】をクリックします。

※「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておくと、ログイン情報の入力が省けるので楽です。

wordpress-login

※万が一、上記画面が表示されずに「無効なURLです」という以下の表示された場合は、「ドメインのネームサーバーが反映待ち」になっている可能性があります。

ここにタイトル
無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

その場合は しばらく時間をおいてから 再度アクセスしてみてください。

 

WordPressに無事ログインできると、以下の画面が表示されます。

wordpress-Management-screen

この画面が表示されたら、Wordpressへのログインが完了です。

ログインURLを忘れないように、Wordpressの管理画面URLをお気に入り保存しておきましょう。

 

6:エックスサーバーの支払いを済ませる

エックスサーバーにWordpressをインストールして「せっかくだから、このままエックスサーバーでWordpressを運営しよう」と思ったら、お試し期間が切れる前に支払いを済ませておきましょう。

※お試し期間を過ぎると、設定したWordpress情報が削除されてログインできなくなってしまいます。慣れない作業を頑張ったのに、消されたら勿体ないですよね。

 

支払いの手続きは、エックスサーバーのインフォパネルから行います。

エックスサーバーのインフォパネルはこちら

 

インフォパネルにログインしたら、画面左側にある【料金のお支払い/請求書発行】をクリックします。

xserver-panel

 

すると画面が変わるので、少し下にスクロールして、料金を支払うサーバーにチェックを入れて【更新期間】を選択します。

xserver-panel

サーバー料金は、更新期間が長くなるほど割引されて安くなります。

X10プランの料金

3ヶ月 1,200円×3ヶ月 3,600円(税込3,888円)
6ヶ月 1,100円×6ヶ月 6,600円(税込7,128円)
12ヶ月 1,000円×12ヶ月 12,000円(税込12,960円)
24ヶ月 950円×24ヶ月 22,800円(税込24,624円)

支払いに迷ったら12カ月払いがおすすめです。

3カ月や6カ月でサイト(ブログ)の運営は終わりませんし、1カ月当たりのサーバー代金が安くなるのでお得ですからね。

WordPressで成果を上げていきたい方は、参考にしてみて下さい。

 

更新期間を選択したら【お支払方法を選択する】をクリックします

xserver-panel

支払い方法は、

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

の4種類から選べます

 

今回は、支払いに便利なクレジットカード決済を選択しました。

※クレジットカード以外の支払いを選択される方は、手続きはとても簡単なので表示された画面に沿って手続きを進めて下さい。

【クレジットカード決済画面へ進む】をクリックして

 

クリックすると画面が変わるので、費用事項を入力して【カードでのお支払い(確認)】をクリックします。

自動更新設定を行うにチェックを入れておくと、更新日になったら自動で決済してくれるので支払い漏れがありません。

xserver-panel

 

画面が変わるので、入力した情報に問題なければ【カードでのお支払い(確定)】をクリックします。

以上で、Xサーバーの支払いが完了になります。

 

慣れない作業で大変だったと思います。

お疲れさまでした!

 

7:さぁWordpressを始めよう!

エックスサーバーの支払いも完了して、いよいよWordpressの運用がスタートです。

最後に一つだけ、Wordpressの運営前に設定しておいた方が良いものがあります。

それが「SSL化」というものです。

詳しい設定方法は、別記事で解説しているので、続きを読みながら設定を勧めていきましょう。

初めて聞く言葉が沢山あって難しく冠いじるかもしれませんが、設定自体はとても簡単です。

画像をたくさん使って、1つずつ分かりやすいように説明しています。

https

【初心者向け】エックスサーバーの常時SSL(https化)の設定方法を解説

11/05/2019

 

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA