SEOで有利になる記事タイトルの付け方|圏外→8位へ上昇した事例あり

SEOで有利になるタイトルの付け方

突然ですが、このような悩みはありませんか?

  • 記事を沢山書いてるのにアクセスが増えない
  • SEOを意識してるのに検索順位が上がらない
  • リサーチしてるのに結果が出ない

1つでも当てはまる場合は、間違った記事タイトルを付けているかもしれません。

 

というのも記事タイトル次第で、検索順位が大幅に上がることもあれば、圏外になる記事もあります。

記事タイトルを修正して実験してみたところ、以下のように検索順位が上がった事例が沢山あるんですよね。

  • 検索圏外 → 1週間後:66
  • 検索圏外 → 1週間後:7位

しかも、変えたのは記事タイトルだけ。

記事のリライトは一切せずに順位が上がりました。記事タイトルを変えるだけで検索順位が上がってアクセスが増えるとしたら、記事タイトルを修正しないのは損だと思いませんか?

 

そこでこの記事では、上位表示してブログのアクセスが増える記事タイトルの付け方をお伝えします。

今まで記事タイトルを意識して付けていなかった場合は、お伝えする内容をマネするだけで、検索順位が上がる(アクセスが増える)記事タイトルが作れるはずです。

SEO向けのコンテンツを2,000記事以上書いてきましたが、お伝えするタイトルの付け方を必ず意識して今でも結果が出ています。

書いた記事が上位表示されれば、より少ない作業時間で成果を手に入れることができるはずですからね。ぜひ参考にしてみて下さい。

※初めに、記事タイトルが重要な理由をお伝えします。タイトルの付け方を早く知りたい方は、SEOタイトルの付け方6つのコツ【順位が上昇する】こちらからご覧ください。

 

SEOタイトル(記事タイトル)が重要な3つの理由

SEOタイトル(記事タイトル)が重要な3つの理由

ブログやHPの記事タイトルは何よりも重要です。

  • 検索順位を大きく変える
  • 読者の数が変わる
  • 集客・売り上げが変わる

冒頭でもお伝えしましたが、間違った記事タイトルを付けるだけで検索結果に表示されず、何十記事を書いてもアクセスが増えない場合もあるんですよね。

 

アクセスが増えないから記事が読まれない。

記事が読まれないから、モチベーションが続かない。

モチベーションが続かないから、途中で辞めてしまう。

 

そんな負のスパイラルに陥りやすいです(僕が実際に体験した負のスパイラルです)

 

仮に、検索上位に表示されても、記事タイトルをクリックしてブログに訪れてもらわないと、アクセスが増えないので集客もできません。

ブログから集客して収益を上げていくには、記事タイトルはとても重要です。

記事を読まれない限り、商品をセールスするお客さんがいませんからね。

 

記事タイトルを変更して検索順位が上昇した例

記事タイトルを変更して検索順位が上昇した例

闇雲に「記事タイトルが重要だ」とお話ししても信ぴょう性がないと思います。

 

ですので、記事タイトルを修正しただけで検索順位が上がった事例をお見せします。

事例1:「圏外」→「25位に上昇」

「圏外」→「25位に上昇」

 

事例2:「圏外」→「66位に上昇」その後「27位」まで上昇

「圏外」→「66位に上昇」その後「27位」まで上昇

 

事例3:「圏外」→「8位に上昇」

「圏外」→「8位に上昇」

検索順位が上がったコンテンツは、「記事タイトルを変えただけ」です。リライトもコンテンツの加筆修正もしていません。

 

記事が8位くらいまでくれば、あとはリライトと実験を繰り返すことで、ほぼ間違いなく1~3位に表示できるはずです(ジャンルとライバルの強さにもよりますが)

 

なぜ記事タイトルを変えただけで検索順位が上がるのか

検索順位を上げるには、まず検索エンジン(Google)に「この記事は何について書いたものか」を正確に伝える必要があります。

AIがデータを拾って「良い記事か、悪い記事か」判断しているので、まずは機械に正確な情報を伝える必要があるんですね。

 

そしてAIに正確に情報を伝える方法が「構造」です。

構造とは「記事タイトル」と「見出し」が記事の構造部分にあたります。

 

簡単にいうと、

「検索順位が付く記事タイトルのルールを満たさないと、どんなに良いことを書いても検索順位は付かない」

「記事タイトルに余計なキーワードを入れると検索順位が付かない」

というわけです(ザックリお伝えしましたが「そんな感じなんだ」と伝わるだけで構いません)

 

その証拠に、記事タイトルに関係ないキーワードを入れた結果、検索順位が下がりました。

検索順位が下がった

他にも、検索順位が下がった事例はたくさんあります。

 

この実験をしてみて、「Googleは人が見た時に感じる、良いコンテンツ・悪いコンテンツの判断はできない」と分かったんですよね。

「なんで、この記事が上位にあるの?!」と感じるのはそのためです。

 

記事タイトルしだいで検索順位が変わるということは、記事タイトル次第で集客できる人数(アクセス)が変わるということです。

記事タイトルしだいで集客できる人数が変わるとしたら、コンテンツの中身と同様に力を入れる必要がありますよね。

 

SEOタイトルの付け方6つのコツ【順位が上昇する】

こちらが、SEOタイトル(記事タイトル)の付け方6つのコツです。

SEOタイトル(記事タイトル)の付け方
  • 記事の内容が分かるタイトルを付ける
  • 上位表示させたいキーワードを入れる
  • 自然な日本語のタイトルを付ける
  • 記事毎に個別のタイトルを付ける
  • 重要なキーワードは左側に入れる
  • タイトルは32文字以内に納める

1つずつ具体例をお見せしながら解説します。

 

1:上位表示させたいキーワードを入れる

1:上位表示させたいキーワードを入れる

記事タイトルには必ず、上位表示させたいキーワードを入れましょう。

ユーザーに「この記事は〇〇について書かれてるっぽいぞ」と気づいてもらうためです。

 

おすすめの英語アプリ紹介する記事なら、記事タイトルには必ず「英語」「おすすめ」「アプリ」のキーワードを入れます。

ビジネスマンにおすすめのノートを紹介する記事なら、「ビジネスマン」「おすすめ」「ノート」のキーワードを記事タイトルに入れましょう。

 

スマホで調べ物をする時を思い出してみて下さい。

検索窓には必ず、あなたが知りたい情報のキーワードを打ち込んで調べていると思います(youtubeでも同じです)

GoogleやYahoo!の検索窓

ユーザーも同じように、自分が知りたい情報のキーワードを入力して調べています。

つまり、記事タイトルに知りたい情報のキーワードがなければ、ユーザーは記事をスルーしてしまうわけです。

 

例えばあなたが「集客ブログの書き方」とネットで調べたとしましょう。

その時、検索結果に表示されたタイトルが以下の2つだったら

  • アクセスを集める方法
  • 集客できるブログの書き方と作り方

おそらく後者の方に興味が湧いて、記事を読み進めようか考えると思います。

 

記事タイトルにキーワードを入れないと、ユーザーに記事を読んでもらうことができません。

記事タイトルには必ずキーワードを入れましょう。

 

少し専門的なことをお話しすると、記事タイトルにキーワードを入れることで、検索エンジン(Googleや)に「この記事は〇〇について書いた記事です」と正確に伝えることができます。

AIが良い記事かどうか判断をしているので、機械にも分かるように、記事の情報を正確に伝える必要があるんですね。

ユーザーにとって親切な記事は、検索結果でも優遇されるので、記事タイトルには必ずキーワードを入れましょう。

 

2:記事の内容が分かるタイトルを付ける

PCタイピング

記事タイトルは、記事の中身が分かるように書くのがポイントです。

英語のおすすめアプリを紹介する記事なら、「英語習得におすすめアプリ3選!もう二度と挫折しない」のようなタイトルですね。

この記事タイトルなら、中身を見なくても何となく「英語のアプリを3つ教えてくれそうだな」ということが分かるかと思います。

 

逆に、英語のおすすめアプリを紹介する記事なのに、↓こういったタイトルはNGです。

「英語に苦手意識を持っている人向けに短期間で英語が身につく方法を教えます」

言いたいことは分かるけど、具体的に何が書かれていそうか分かりません。

 

人はイメージできるものしか行動しない特性があります。ですので、記事タイトルは必ず、記事の中身が分かるように書きましょう。

 

3:自然な日本語のタイトルを付ける

記事タイトルは、自然な日本語になるように書くのがポイントです。

おすすめの英語アプリを紹介する記事なら、 「英語習得におすすめな神アプリ5選!スキマ時間で差をつけよう」などです。

ダイエット中の人向けに炭酸水を紹介する記事なら「ダイエット中の空腹感を和らげるおすすめ炭酸水ベスト3」とかですね。

 

逆に、↓こういった記事タイトルは検索結果に乗りにくくなるので避けた方がいいです。

例:おすすめの英語アプリを紹介する記事
  • 「英語おすすめアプリ」
  • 「英語おすすめアプリが口コミで評判がいいランキング」
  • 「おすすめ英語アプリで大人が自宅学習できるものとは?」

こういうタイトルを付けてしまう気持ちも分かりますが、これだと読者を考えてないんですよね。

 

今の検索エンジンは、読者に親切かどうかも重視しているので、結果的に上位表示もしにくくなります。

記事タイトルは必ず、自然な日本語になるように書きましょう。

 

4:記事毎に個別の記事タイトルを付ける

記事タイトルは必ず、記事ごとに個別のタイトルをつけましょう。

同じ記事タイトルが並んでいると、中身が違っても同じ内容にしか見えないので、結局どの記事も読んでもらえません。

 

本棚をイメージしてみると、分かりやすいかもしれないですね。

本棚

同じタイトルの本が3冊並んでいたら「どれも同じに見える」はずです。それはブログ記事も同じです。

 

少しだけ専門的な話をすると、ブログ内に同じ記事タイトルがあると、Googleは「このブログには重複コンテンツがあるぞ。こんな手抜きをするブログは評価を落としてやる」と判断します。

すると、評価を下げられたブログは検索順位が落ちてしまうので、アクセス数もPVも半分以下になることもあります。

ですから、記事タイトルは必ず、記事ごとに個別のタイトルをつけましょう。

 

もし、似たような内容の記事ができてしまった場合は、読んでほしい読者を指定して、記事タイトルが被らないようにしましょう。

例:英語アプリを紹介する記事
  • 英語学習で挫折した大人向け!英語アプリおすすめ3選
  • 英語アプリおすすめ3選|半年で会話をマスターしたい向け

このように記事タイトルを分けましょう(記事の内容が似ている場合は、1つに統合した方がいいです)

 

5:検索キーワードは左側に入れる

重要な検索キーワードは、記事タイトルの左側に入れると読者の興味を引くことができます。

 

人がものを見る時の目の動き(Zの法則・Fの法則)に合わせているからです。

Zの法則とFの法則

 

検索結果に表示された記事タイトルを見るときも、Zの法則・Fの法則と同じような目の動きをしてるんですよね。

Fの法則

 

記事タイトルの左側に重要なキーワードがあるほど、読者に「この記事には知りたい情報があるかもしれない」といち早く伝えることができます。

無理やり入れる必要はありませんが、重要なキーワードは記事タイトルの左側に入れられるといいですね(不自然な日本語にならないように気を付けて下さいね!)

 

6:タイトルは32文字以内に納める

記事タイトルは、32文字以内に収めるのがポイントです。

 

記事タイトルが長すぎると、タイトルが検索結果の途中で切れてしまうことがあるからです。

タイトルは32文字以内に納める

タイトルが途中で切れてしまっては、記事が読まれなくなる可能性が高くなりますからね。

記事タイトルは32文字以内に収めるのがポイントです。

 

意図的に32文字を超えるのはOK

SEOを意識した記事タイルは32文字以内に収めるのがポイントですが、100%守る必要はありません。

どうしても記事タイトルが32文字を超えることはあります。このブログにも、32文字を超える記事タイトルはありますからね。

 

ただし、記事タイトルが32文字を超える場合は、タイトルの左側にキーワードを入れるようにしましょう。

読者が知りたい情報のヒントを、いち早く伝えることができますからね。

 

記事タイトルの文字数を簡単に調べる方法

文字数を数える時は、簡単に文字数を調べられる文字数カウントツールがおすすめです。

>>文字数カウントツール

使い方もとても簡単で、入力欄に記事タイトルを入れて【文字数を数える】をクリックするだけ。

このツールを使って文字数をパッと確認している方が多いです。僕も使っています。

 

以上が、SEOタイトル(記事タイトル)の付け方6つのコツでした。

おさらいすると、

SEOタイトル(記事タイトル)の付け方6つのコツ
  • 記事の内容が分かるタイトルを付ける
  • 上位表示させたいキーワードを入れる
  • 自然な日本語のタイトルを付ける
  • 記事毎に個別のタイトルを付ける
  • 重要なキーワードは左側に入れる
  • タイトルは32文字以内に納める

さっそく、今まで書いた記事タイトルを見直してみて下さい。

6つのコツを意識して記事タイトルを変えるだけで、検索順位が上がってアクセスが増えるはずです。

 

最後に、評価を下げる記事タイトルの共通点をお伝えしますね。

評価を下げるSEOタイトルの付け方4つの共通点

評価を下げるSEOタイトルの付け方4つの共通点

検索評価を下げる記事タイトルの4つの共通点がこちらです。

  • 検索キーワードが入ってない
  • 検索キーワードと関係ないキーワードが入ってる
  • キーワードを詰め込み
  • タイトルが短すぎる

1つずつ解説しますね。

 

1:検索キーワードが入ってない

記事タイトルに検索キーワードが入ってないのはNGです。

キーワードが入ってない記事は、検索エンジンに「これは何を書いた記事なのか分からない」と判断されてしまうので、いつまで経ってもアクセスは増えません。

 

記事の添削をしていると、記事タイトルに検索キーワードを入れてない方がたまにいるんですよね。独学でブログを始めた方やブロガーさんに多い傾向です。

 

おすすめの英語アプリを紹介する記事なのに「短期間で英語が話せるようになった方法」とか「私が英語を話せるようになった理由」と付けていたり。。。

「英語学習におすすめのアプリ3選」と比べたら、何が書かれているか分かりやすさは一目瞭然だと思います。

 

SEOタイトル(記事タイトル)の付け方6つのコツでもお伝えしましたが、記事タイトルには必ず検索キーワードを入れましょう。

それだけで、検索順位が付いてアクセスが増えることもありますよ。

 

2:検索キーワードと関係ないキーワードが入っている

記事タイトルに、検索キーワードと関係ないキーワードを入れると検索順位が下がることがあります。

例:感動するおすすめ漫画を紹介する記事の場合

中学の頃に読んだ泣きたいときに読みたくなる漫画5選

この場合「中学の頃」というキーワードが邪魔をして、順位が付かなかったり、下がることがあります。

 

アフィリエイターで使ってる方が結構いて、記事タイトルに「危険」「苦情」「悪魔的」「禁断の」といったキーワードを使ってる方もいます。

こういった注意喚起系のキーワードは、ユーザーの目を惹きますしクリックされやすくなります。だから、使いたくなる気持ちもよく分かります(苦笑)

ただ、中身が伴ってないと順位が落ちるか上がらないんですよね。。。

 

ジャンルによってもキーワードとの相性は変わりますが、検索キーワードと関係ないキーワードは控えた方がいいです。

※ただし、一見すると関係ないキーワードでも「検索意図に含まれている場合」は、入れた方が良い場合もあります。

 

3:キーワードを詰め込み過ぎ

キーワードを詰め込み過ぎている

1つの記事タイトルに、検索キーワードを詰め込み過ぎるのも控えた方がいいです。

キーワードを詰め込み過ぎると、結局何が大事なのか伝わらないので、検索結果に登録すらされなくなります。

 

SEOの知識が付いてくると、1つの記事で複数キーワードの上位表示を狙ったりすることもあります。

例:「英語の学習教室の選び方を解説する記事」の場合

「英会話初心者におすすめの英会話教室おすすめ3選!口コミで評判のいい教室を選ぶ方法と実際に体験レッスンを受けてきた体験談まとめ」

これは極端な例ですが、記事タイトルにキーワードを沢山入れすぎて、結局何を言いたいのか分からない記事をよく見かけます(僕もよくやってました。汗)

 

これでは、読者も何が書かれている記事か分からないので、読まれなくなってしまうわけです。

ですので、記事タイトルにキーワードを入れすぎないよう気を付けて下さいね。

 

4:タイトルが短すぎる

記事タイトルが短すぎるのも、検索結果に乗りにくくなるので変えた方がいいです。

例えば、以下のような記事タイトルです。

「春を感じた瞬間」

「クリスマスの思い出」

「雨」

日記やポエムならいいんです。むしろ、自己満足で完結する記事なら好きにタイトルをつけて楽しむべきですから。

 

ただ、仕事で成果を上げたり、集客するための記事タイトルではありません。

記事タイトルを見て「内容が伝わるもの」をつける必要があります。

 

内容にもよりますが、先ほどの「クリスマスの思い出」という記事が、家族の大切さを伝える内容だったら

「大嫌いだった家族に救われた高3の私に起きたクリスマスの思い出」

みたいに変えます。

 

こうやって少しでも具体的にすることで、どんな内容が書かれて、何が知れそうな記事なのか想像ができますよね。

記事タイトルが短くてポエムみたいにならないよう気を付けて下さいね(日記や想いを伝えるための記事なら短くても構いません)

 

ライバルに差を付けて集客につなげよう

ここでお伝えしたSEOタイトルのつけ方は、基本中の基本です。

ただし、今まで記事タイトルを意識していなかった場合は、ここでお伝えした6つのコツを意識するだけで、検索順位が上がってアクセスが増える記事タイトルが付けられるはずです。

 

記事タイトルを添削したブロガーさんは、検索結果が「圏外」→「8位」に上がったこともありますからね。

さっそく実践してみて、ライバルに差をつけていきましょう。

 

どの記事をリライトして良いか分からない場合は、以下の記事に、リライト記事の選び方とリライト方法を解説しているのでご覧になってみてください。

サーチコンソールを使ったリライト記事の選び方とリライト方法

【初心者向け】サーチコンソールを使ったリライト記事の選び方とリライト方法

14/07/2019

 

というわけで今回は以上になります。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA