【2020年版】サーチコンソールの登録方法|初心者向け

サーチコンソールの登録方法

この記事では、Googleサーチコンソールの登録方法を画像を使って分かりやすくお伝えします。

 

「難しそう」に感じるかもしれませんが、専門用語や難しい言葉はできるだけ使わずに説明するので大丈夫です。

PCが苦手でも、ネットが苦手でも、記事の通りに進めていくだけで、サーチコンソールに登録できるはずなので一緒に進めていきましょう。

 

※初めに、Googleサーチコンソールをなぜ導入した方が良くて、何ができるツールなのかお伝えします。さくっと登録方法が知りたい場合は、サーチコンソールの登録方法からご覧になってみて下さい。

 

Googleサーチコンソールは完全無料で使える収益化のヒントが分かるツール

SEO

Googleサーチコンソールは、Googleの検索結果(検索エンジン)において、あなたのブログが今どんな状態なのか分析・確認できるツールです。

 

サーチコンソールを使うと、今まで書いたブログ記事の検索順位が分かったり、ブログにどんなキーワードでアクセスがあったのか分かります。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

  • サイトの Google 検索トラフィック データ(サイトが Google 検索結果に表示される頻度、サイトが表示されたときの検索クエリ、検索クエリに対して検索ユーザーがクリックスルーする頻度など)を表示する。
  • Google がインデックス登録やスパムなどのサイトに関する問題を検出したときにアラートを受信する。
  • ウェブサイトにリンクしているサイトを表示する。

引用:Search Console の概要

サーチコンソールを使うと、ブログの収益化や集客を達成する為に、今後何をしていけば良いか方向性が分かるんですよね。

 

サーチコンソールで出来ること・分かること

PCイラスト

サーチコンソールで出来ること・分かることは以下の10個です。

  • 新規ブログの登録と管理
  • ブログ記事の検索順位チェック
  • ブログへのアクセスキーワードの把握
  • 検索エンジンに表示された記事タイトルのクリック率
  • ブログ記事が検索エンジン上で表示された回数
  • 新規記事のインデックス促進(登録促進)
  • リライトした記事のインデックス促進
  • ブログのサイトマップ登録
  • ブログにリンクを送ったサイトの把握
  • 悪質なバックリンクサイトの否認

 

ブログ記事って「書いたら終わり」ではなくて、「書いてネット上に公開してからが本当のスタート」です。

公開した記事の状態を見ながら改善を繰り返していくことで、集客に強い記事に育てることができます。

 

そして、改善をするときに必要なのが、これから登録するサーチコンソールというわけです。

サーチコンソールを導入して、集客に強いブログに育てていきましょう。

 

サーチコンソールの登録方法

 

Googleサーチコンソールの公式サイトにアクセスして【今すぐ開始】をクリックします。

Googleサーチコンソールの公式サイト

Googleサーチコンソール

 

すると、ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントのログインとパスワードを入力してログインします。

※Googleのアカウントがない方は、作成してログインしてくださいね。

Googleサーチコンソール

 

プロパティを追加

サーチコンソールにログインしたら、画面左上のアイコンをクリックして【プロパティを追加】をクリックします。

Googleサーチコンソール

 

すると、画面が変わるので「URLプレフィックス」を選択して、空欄にブログのURLを添付します。

Googleサーチコンソール

添付したら【続行】をクリックします。

 

すると、このような画面が表示されます。

Googleサーチコンソール

(呪文のような名前が並んでいますが、大丈夫です。1つずつ進めていきましょう。)

 

まず【HTMLタグ メタタグをサイトのホームページに追加します】をクリックして、

Googleサーチコンソール

 

以下の画面を開いておきましょう。

Googleサーチコンソール

次は、サーチコンソールとブログを紐づけする作業をしていきます。

 

WordPressのテンプレートで、ライオンブログを使っている方は、このまま読み進めて次の設定に進んでいきましょう。

Cocoonを使っている場合は、Cocoonのサーチコンソール設定からご覧ください。

 

ライオンブログにサーチコンソールを設定する方法

ライオンブログを使っている方は、Wordpressの管理画面を開いて【外観】【カスタマイズ】の順番にクリックします。

ライオンブログのサーチコンソール設定

 

すると画面が変わるので、【アクセス解析設定[LION用]】をクリックします。

ライオンブログのサーチコンソール設定

 

「Google Search Consoleの認証ID」の空欄に、先ほど開いたサーチコンソールの情報をコピーして貼り付けます。

ライオンブログのサーチコンソール設定

画面の案内通りにコピーして貼り付けて下さいね。

 

貼り付けたら、ブログ側の【公開】をクリックします。

ライオンブログのサーチコンソール設定

 

クリックしたら、今度はサーチコンソール側の【確認】をクリックします。

ライオンブログのサーチコンソール設定

 

以下の画面が表示されたら、無事サーチコンソールへの登録が完了です。

ライオンブログのサーチコンソール設定

【完了】をクリックして、サーチコンソールの使い方へ進みましょう。

 

Cocoonにサーチコンソールを設定する方法

Cocoonを使っている場合は、【Cocoon設定】【アクセス解析・認証】の順番でクリックします。

Cocoonのサーチコンソール設定

 

下にスクロールしていき「Google Search Console設定」の空欄に、サーチコンソールの情報をコピーして貼り付けます。

Cocoonのサーチコンソール設定

 

貼り付けたら、下にスクロールしていき【変更をまとめて保存】をクリックします。

Cocoonのサーチコンソール設定

 

クリックしたら、サーチコンソール側の【確認】をクリックします。

Cocoonのサーチコンソール設定

 

以下の画面が表示されたら、無事サーチコンソールへの登録が完了です。

Cocoonのサーチコンソール設定

お疲れさまでした!

 

サーチコンソールでブログのアクセスを3倍以上に増やす

Googleサーチコンソールの設定は、ブログから集客するなら必須の無料ツールです。

集客力を上げるために必要な、記事の検索順位、記事のクリック率、ブログへのアクセスキーワードが分かりますからね。

 

サーチコンソールを使いこなして、ブログからガンガン集客して、読者もあなたも豊かになるブログに育てていきましょう。

WordPressブログのサイトマップを送信して方は、↓こちらの記事を参考にして下さい。

Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールへ登録する方法

【最新版】Google XML Sitemapsの設定とサーチコンソールへ登録する方法

22/06/2019

画像を沢山使っているので、記事の通りに進めると簡単に設定できるはずです。

 

サーチコンソールの使い方は、↓こちらの記事を参考にしてください。

Googleサーチコンソールの使い方

【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版

14/07/2019

 

というわけで今回は以上になります。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA