【超簡単】WordPressのカテゴリー設定と編集方法

Wordpressのカテゴリー設定と編集方法

この記事では、Wordpressの初心者さんでも分かるように、カテゴリーの設定方法を解説します。

 

カテゴリーの設定は、地味だけどとても大事な作業で良いことしかありません。

  • 読者が必要な情報を簡単に探せるのでPVが上がる
  • Googleに正しく情報を伝えられるので、検索順位が上がる

なので、この記事を見ながら一緒に、カテゴリーを設定していきましょう。

 

ブログのカテゴリーの分け方(考え方)は、別記事で解説します。意図的にカテゴリーを設定するだけで、記事の順位が「圏外→25位」になったこともあります。

カテゴリー構造を作り直したことで、Googleにブログの情報を正しく伝えることが出来て、検索順位が上がったと考えられます。

今まで意識してブログのカテゴリー分けをしていなかった方は、この機会に見直してみて下さい。

ブログのカテゴリーの分け方を画像付き解説

ブログのカテゴリーの分け方を画像付き解説|SEOで優遇される決め方

19/06/2019

 

WordPressのカテゴリー新規追加方法

まず初めに、カテゴリーを新しく追加する方法からお話ししていきます。

手順通りに進めていくだけで簡単に設定できるので、記事を見ながら一緒に進めていきましょう。

 

WordPressの管理画面から「投稿」にカーソルを合わせた状態で、「カテゴリー」をクリックします。

Wordpressの管理画面

 

すると、このような画面が表示されるので、赤枠で囲ったパートを入力していきます。

Wordpressの管理画面

 

名前の設定

Wordpressカテゴリー

名前にはカテゴリー名を入力します。

シンプルで読者が分かりやすい名前を付けるのが理想です。

例:
ブログ
料理

 

スラッグ(カテゴリーURL)の設定

Wordpressカテゴリー

スラッグは、カテゴリーのURLになる部分です。半角英数字を使って、短くてシンプルなものを付けましょう。

例:
ブログ → blog
料理  → cooking

※日本語で入力しないように注意しましょう。スラッグに日本語を入力すると、不思議な文字列になってしまうためです。

 

親カテゴリーの設定

Wordpressカテゴリー

ここでは、カテゴリーの階層を作れます。ブログにどんな情報が書かれているか、分かりやすく伝えるための設定ですね。

カテゴリー階層の例

料理
和食
中華
イタリアン
フレンチ

のような形です。

カテゴリーの階層が決まっていない場合は、ここは操作しなくてOKです。

※子カテゴリーを設定する場合は、親カテゴリーを選択しましょう。

 

説明の設定

Wordpressカテゴリー

WordPressのテーマによっては、説明に入力した情報が表示されることがあります。

空欄でも問題ありませんが、どんな情報が分かるカテゴリーか伝えたり、見てほしい記事がある場合は、その趣旨を説明欄に記載しておきましょう。

すべての設定が完了したら、【新規カテゴリーを追加】をクリックします。

 

すると、作成したカテゴリーが追加されているはずです。

Wordpressカテゴリー

以上が、カテゴリーを新規追加する方法です。

もし間違ってカテゴリーを追加しても大丈夫です。次からは、一度設定したカテゴリーの編集方法をお話します。

 

設定したカテゴリーを編集する方法

カテゴリーの編集方法は、カテゴリーを作成した時のページを開いておきます。

※Wordpressのダッシュボードから、【投稿】【カテゴリー】の順にクリックすると表示されます。

編集したいカテゴリーにカーソルを合わせるとメニューが表示されるので、【編集】をクリックします。

Wordpressカテゴリー設定

 

すると、編集画面が表示されるので変更したい箇所を修正して、問題なければ【更新】をクリックしましょう。

Wordpressカテゴリー設定

以上が、カテゴリーの編集方法でした。

 

カテゴリーの階層は深くなり過ぎないよう注意

別の記事で詳しく触れていますが、カテゴリーの階層は深くなり過ぎないように注意しましょう。

カテゴリーが深いと、読者にとって分かりにくいですし、ブログの管理も大変になります。

 

しかも、検索エンジン(Google)にブログの情報を正しく伝えられなくなるので、記事を書いても上位表示しにくくなります。

多くても「親・子・孫」カテゴリーに収まるようにするのがおすすめです。

カテゴリー設定のいい例・悪い例

大規模なメディアサイトや、旅行ジャンルのサイトの場合は孫カテゴリーよりも深くする場合もあります。

 

未分類カテゴリーを削除・編集する方法

WordPressをダウンロードすると、デフォルトで「未分類」というカテゴリーが設定されています。

このカテゴリーは使わないので、「編集」または「削除」しておきましょう。

※「未分類」カテゴリーを編集したり削除しても、ブログの評価は落ちません。

 

未分類カテゴリーを編集する方法

「未分類」カテゴリーを編集するには、カテゴリーページを開いた状態で、【編集】をクリックします。

Wordpressカテゴリー設定

 

すると、編集ページが表示されるので、「名前」と「スラッグ」を変更して【更新】をクリックしましょう。

Wordpressカテゴリー設定

以上で完了です。

 

未分類カテゴリーを削除する方法

未分類カテゴリーを削除するには、2つ以上のカテゴリーを作っておく必要があります。

まだ、カテゴリーを作成してない場合は、先に1つ作成しておきましょう。

未分類カテゴリーを削除するには、【設定】【投稿設定】の順にクリックします。

Wordpressカテゴリー設定

 

クリックしたら投稿用カテゴリーの初期設定の、「未分類以外のカテゴリーを選択」して【変更を保存】をクリックします。

未分類カテゴリーの削除

 

変更を保存したら、【投稿】【カテゴリー】の順番でクリックしてカテゴリーページを開いて、未分類にカーソルを合わせて表示される【削除】をクリックします。

未分類カテゴリーの削除

 

すると、【未分類】カテゴリーの削除が完了です。

未分類カテゴリーの削除

未分類のカテゴリーは、削除しても編集してもどちらでもOKです。記事を追加していなければ、評価を下げることもありません。

未分類」カテゴリーの削除は手間なので、編集して、名前をスラッグを変更するといいと思います。その方が簡単ですからね。

 

投稿記事のカテゴリーは1つに絞る

投稿のカテゴリーは、一つだけ選択しましょう。

投稿記事のカテゴリー

カテゴリーを複数選択してしまうと、検索エンジン(Google)が「この記事は何について書かれたものなんだ?」と分からなくなってしまうからです。

そうなると、どんなに良い記事を書いても上位表示しにくくなるので、必ずカテゴリーは一つだけ選択するようにしましょう。

※Wordpressのテーマによっては、カテゴリーを1つしか選択できないようになっているものもあります。

 

投稿記事のカテゴリーを簡単に変更する方法

公開済みの投稿記事のカテゴリーを変更するには、投稿一覧ページを開いておき

 

カテゴリーを変更したい記事にカーソルを合わせて【クイック編集】をクリックして

クイック編集に合わせる

 

変更したいカテゴリーを選択したら、【更新】をクリックします。

以上が、公開済みの投稿記事のカテゴリーを変更する方法です。

とても簡単ですよね。

 

読者にもGoogleにも親切なブログを作ろう

カテゴリーの設定は地味ですが、読者のユーザービリティ向上や、Googleに正しく情報を伝える上で、とても重要な役割があります。

読者が情報を探しやすくなればPVがあがりますし、Googleにブログの情報を正しく伝えられると、書いた記事が上位表示しやすくなるためです。

特にWordpressが慣れてない時は、未分類カテゴリーに記事を追加していることがよくあるので、公開した記事がいくつもある場合は、改めて見直してみて下さい。

WordPressブログの初期設定ガイド

【2020年版】WordPressブログの初期設定ガイド|初心者は丸パクリでOK

10/05/2019

 

という事で、今回の記事は以上になります。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA